当blogは誰がなんといおうと音楽ブログです。


by ina17ina
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2007年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

こりもせず名盤論争



ワタシはこれでwii sportsの購入を決めました。



           これ




こんばんわ 横斜め45℃恋慕 稲菜 鰻です。


よくよく考えてみれば







ウチに菅野美穂




いないじゃぁーん




いないじゃぁーん




いないじゃぁーん



今回は前回のエピローグ編

「名盤ていってもそれは人それぞれだからね」とか

「そういうのきらいだし」とか

「最近のディーパ系は本格的だYONE」とか

「一番強い格闘技は相撲」とか


抜かしよるワタシの周りのウンコたれどもに


アンタの薦める音楽糞

と本気で言われましてね。ええ

そりゃカチンとくるわけですよ。


いつも温和で人当たりがよく
時にニヒルでダンディズムを築いているワタシでも
風に飛ばされた時東あみの写真を追いかけてダンプに牽かれてしまえ
と叫びたくもなりますよ。世界の中心で愛を叫びたくもなりますよ。



名盤はそれが有名なものであればあるほど
ついつい「聴いた」「知っていますよ」的なものになってしまい
なまじあまりに有名すぎたりすると
名盤を聴くことに対して一種の気恥ずかしさのようなものが
芽生えたりするものですね。

しかし恐ろしいことに
名盤というのは時が経過するほど輝きを増し
数百枚の新作(駄作?)が束になってきても
はるかに新しい輝きを増すなんてこともあります。

言い換えるならば風格を増すといったほうがいいかもしれませんね。


それが名盤としての底力




しかし最近のリニューアル版、新装版には
収録曲に続いて追加曲が数曲はいっていることがほとんど
なかには収録曲を越えるくらいの内容のものまであります。

それが悪いわけではないのです。
例えば 

Cannonball Adderley  Somethin' Else と
Cannonball Adderley       同+1

明らかに別のアルバムであり
後者を「名盤」と呼ぶにわけにはいかないし

The Beatles  Let It Beと
The Beatles  Let It Be Naked などのように

曲数だけでなく新たに編集し曲順まで組みなおしたものまである。


こういった行為はワタシの見解としては
名盤が名盤であるという見方を度外視し、名盤に対する破壊行為でしかない。
それでも買ってしまいますが・・・・。


名盤というものは

「名盤 is not 追加」いや、なんかおかしいな?

要するに「オマケ」というものを
必要としないのが真の名盤なんでしょうね。

人生は甘くないぞ
ライフイズノットスウィート、オー、ナイスヒップ。ユアダイナマイト


「この桃とキミのお尻を間違えちゃったよ」って英語で何て言えばいいですか?
[PR]
by ina17ina | 2007-04-11 22:52

音の好き嫌い


このところ最近「稲菜さん、音楽はヒトそれぞれですよ」と
よく上から目線で言われるので
「ああ、そうですね」と答えていますが
言わせていただきます。

音楽には個人的な好みがあうることは否定しませんが
ある人にとっては感動的なmusicであってもある人にはまったく響かないことがある
というようなことは皆様も周知の通り。

確かに音の好みというものは人それぞれであることは否定しません。

しかし個人的な甲乙だけで判断されるべきものだろうか?
一概に好みといっても聴き手それぞれの「レベル」というものがあり、おそらく
その「レベル」に対して無自覚のまま、
単にそのときの判断で吼えているように映らないわけでもないですね。

そしてその「レベル」のmusicを聴き取ることが出来ないとき
そのmusicに「きらい」「ふつう」「よくわからない」
というレッテルを貼るのではないだろうか?

極論を言うなら「自分の都合」にあわせてmusicを聴くのみならず
「いい」「悪い」の判断をする。
それによって「musicは個人的な好み」という
便利な言葉は使われていると思われるようにおもわれます。


音楽には確実にレベルの違いがある
更にいうなれば「聴き手」であるわたし達にもレベルの差は歴然であります。
(ワタシはこのblogを始めて一番実感している面だ)


分り易いところではワタシも多く携わっている「食」の世界

味覚や審美眼、ジャンルについてはヒトそれぞれではあるが
風格、サービス精神といった明らかにレベルがわかる面の好悪は
本当にある一定のレベルに達したとき
ある程度の経験、好悪を度外視した個人のレベルを反映したものであり
一定のレベルに達したときはじめて説得力をもつものになる

そもそもヒトの「好き」 「嫌い」ほどアテにならないものはないといえる。

ワタシから見ると「好み」という都合のいい言葉はまったく個人的な問題
つまりは「理解できない」「きらい」という言葉に置き換えて
自分を正当化しているようにしか思えない。

世の中には理不尽とも思える不幸があまりにも多すぎるが
ブックオフでさそうあきらの神童を買ったら
中身が坂辺周一のレイプだった
なんていうのはその最たる例だろう。
[PR]
by ina17ina | 2007-04-04 23:31



そろそろ年賀状書かなきゃ・・・・・だな。




こんばんわ 横恋慕 店主 稲菜 鰻です。

おひさしぶりです。
危ない危ない。 またついうっかり3ヶ月ほど休むとこでした。
忘れた頃に更新を試みる天邪鬼なサイトです。
お気を悪くなさりませんよう・・・・。


辻ちゃん、加護に無言で決別



アイドル不在といわれ続ける昨今

最近の中村ノリより悲惨な状況をくみ出す
元モーニング娘さんたちの不祥事を見ながら思うわけです。





アイドルたち
なにをしているのだ?と





ふがいない!!(涙ながらに)
一世を風靡した「LOVEマシーン」達はどうしてしまったのだと?
(当時からメンバーを知らないくせに)





c0036056_1511397.jpg





その点では後藤真希さんは開き直った商魂をファンに与えているようですね。










c0036056_103796.jpg





いやー凄い。
ホントAVのパケットじゃないかしら?

エロかわいい路線というより
まんまAV
いまや業界No1に上り詰めたS-1がお送りする期待の新人のごときです。


「SOME BOYS! TOUCH」というタイトルも凄い。

この先迫り来る少子化社会を
己の身体を駆使して助けるという裏の意味を込めているのだろうか?
(裏すぎだろ?)




いや、待てよ?




後藤さんはつんく♂曰く

「10年に1人の逸材」

といわれた程の才能の持ち主だ!

このセクシー路線にはなにか後藤さんより発する

「アイドル危機」といった既成概念をうち破る
なにか強烈なメッセージが隠されているに違いない



c0036056_2143895.jpg






彼女はポップアイコンとして生きていく自由よりも

自分の本心のままに生きてゆく「断固たる意志」を選んだのだ。

何かを得るには相応の犠牲を伴うという、等価交換のよい例である。



そう!

彼女の真に云いたかったことは



CDジャケットの
パロディーから
みてとれたのだ!!








c0036056_10550.jpg










このように、エロを主張しながらも
実は個人としての「メタルロックへのオマージュ」を大切にすることで
時代の先取りを考える後藤さん


これからの時代は

ワタシ達はこの先迫り来る時代の波を乗り切らなくては行けない・・・!!!




曇りなき眼で真実を見極めることの難しさを思い知らされますね。


おちこんだりもしたけれど、アタシはげんきです。
[PR]
by ina17ina | 2007-04-01 01:59 | 恥記事