当blogは誰がなんといおうと音楽ブログです。


by ina17ina
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

こりもせず名盤論争



ワタシはこれでwii sportsの購入を決めました。



           これ




こんばんわ 横斜め45℃恋慕 稲菜 鰻です。


よくよく考えてみれば







ウチに菅野美穂




いないじゃぁーん




いないじゃぁーん




いないじゃぁーん



今回は前回のエピローグ編

「名盤ていってもそれは人それぞれだからね」とか

「そういうのきらいだし」とか

「最近のディーパ系は本格的だYONE」とか

「一番強い格闘技は相撲」とか


抜かしよるワタシの周りのウンコたれどもに


アンタの薦める音楽糞

と本気で言われましてね。ええ

そりゃカチンとくるわけですよ。


いつも温和で人当たりがよく
時にニヒルでダンディズムを築いているワタシでも
風に飛ばされた時東あみの写真を追いかけてダンプに牽かれてしまえ
と叫びたくもなりますよ。世界の中心で愛を叫びたくもなりますよ。



名盤はそれが有名なものであればあるほど
ついつい「聴いた」「知っていますよ」的なものになってしまい
なまじあまりに有名すぎたりすると
名盤を聴くことに対して一種の気恥ずかしさのようなものが
芽生えたりするものですね。

しかし恐ろしいことに
名盤というのは時が経過するほど輝きを増し
数百枚の新作(駄作?)が束になってきても
はるかに新しい輝きを増すなんてこともあります。

言い換えるならば風格を増すといったほうがいいかもしれませんね。


それが名盤としての底力




しかし最近のリニューアル版、新装版には
収録曲に続いて追加曲が数曲はいっていることがほとんど
なかには収録曲を越えるくらいの内容のものまであります。

それが悪いわけではないのです。
例えば 

Cannonball Adderley  Somethin' Else と
Cannonball Adderley       同+1

明らかに別のアルバムであり
後者を「名盤」と呼ぶにわけにはいかないし

The Beatles  Let It Beと
The Beatles  Let It Be Naked などのように

曲数だけでなく新たに編集し曲順まで組みなおしたものまである。


こういった行為はワタシの見解としては
名盤が名盤であるという見方を度外視し、名盤に対する破壊行為でしかない。
それでも買ってしまいますが・・・・。


名盤というものは

「名盤 is not 追加」いや、なんかおかしいな?

要するに「オマケ」というものを
必要としないのが真の名盤なんでしょうね。

人生は甘くないぞ
ライフイズノットスウィート、オー、ナイスヒップ。ユアダイナマイト


「この桃とキミのお尻を間違えちゃったよ」って英語で何て言えばいいですか?
[PR]
by ina17ina | 2007-04-11 22:52