当blogは誰がなんといおうと音楽ブログです。


by ina17ina
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

05 漫画賞

先日、髪を切りにいって、店員から「かっこよくなったねー」といわれ、その返答に

「俺に惚れると怪我するぜ!」

とこたえ、無視された 横恋慕店主 稲垣 鰻です。


小学館漫画賞発表になりましたねー!毎年のことながら賛否両論みたいですがみなさんはどうですか?

で、ワタクシ漫画倶楽部(05年現在2名)としての観点はまったく違うベクトルなため、遅ればせながら発表しておきます。


夕凪の街桜の国
こうの 史代 / 双葉社
スコア選択:


一時期話題になったのでご存知な方も多いかと存じますが・・・。

舞台は戦後広島。
それを聞いただけで「パス!」と答える人も多いかと思います。実際、私もそうでした。
どうもあの名作「はだしのゲン」のようなリアルな原爆の惨劇のものがたりというイメージが先行してしまって・・・。
しかし、逆にそういう方にこそよんでいただきたい!!
そしてふだん漫画を読まない女性の方にも。

このはなしは確かにあのヒロシマのはなしであり、原爆の話です。
私たち世界で唯一の原爆被爆国である、そしてオチのない物語であることに変わりはありません。




  夕凪のような街




                              ・・・・そして桜のような国、


私は実はヒロシマにはいったことがありません。
結構、中学の卒業旅行で行かれる方も多いようですが。

この本を読んで是非行きたくなりました。まあ単純ではありますね。

何度もくりかえし読みたくなる作品です。(100ページくらいしかないし)
そのたびになんともいえない気持ちになります。


個人的にジェフ・バックリィの「lover、you should’ve come over」を聴きながら読むことをおすすめします。
[PR]
by ina17ina | 2005-01-28 16:37