当blogは誰がなんといおうと音楽ブログです。


by ina17ina
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

拝啓 kanamarie さま



人間個々の能力は
この科学技術が発展した今でもその能力を半分も使える人はいないらしい。

しかしまだ果てしない可能性を秘めていることは確かだ。


自分の才能に開花するひとがいたとする。
「その能力」は勢いを増し、次々に形を成していき成果を生んでいく。

しかし、そのいく先々、数々の障害に出会うことによって

この先に「幸福」があるのだろうか?
と思い始める。

才能は成功をもたらしてくれたとしても
幸福をもたらしてくれるとは限らない。

かつてあたりまえだった夢、
それが当たり前でなくなった時、

僕は手を合わせて跪いて祈る。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




あなたがココに初めて来たときのことを
昨日のことのようにおぼえている。



あなたは僕の憧れの中心に
何かに吸いよせられるように
僕の心に突き刺さる。




あなたには多くのことを学んだ。
人の弱さも強さも学んだとも言える。


多くの方たちがあなたを慕い、
そしてあなたの成功を同じblogという

「食卓」
で分かち合った。




ワタシはこの出会いを偶然の何者でもないと思っている。

ワタシがみてきた
あなたがみてきた
人々の行動がほんの一瞬、ほんの少しでもずれていたら



ワタシはココに存在していなかった。


ほんの少し、小さな歯車が狂っただけで・・・・。


あのときマーヴィン・ゲイが「I WANT YOU」を歌わなかったら
あの名曲は存在すらしなかった。


あなたがあの時、あのレコードに針を落とさなかったら
もしかしたら音楽に携わる仕事をしていなかったかもしれない。


あのとき、あなたが勇気を出して行動していなかったら
大王、リオン・ウェアのもとで生活することがなかったかもしれない。


あのとき友人から、あのblogを紹介されていなかったら
blogを自分の手でやろうとおもわなかったかもしれない。

あのとき、あの人に向かって声をかけていたら・・・・

あのとき、一瞬早く行動していたら・・・・

あのとき、あの手をとっていたら・・・・

あのとき・・・・・







そういった気の遠くなるような確率の末に
わたし達は出会っているのだと思っています。



もう一度同じ「食卓」を囲むことになるのは
何億分の一かな?(笑)


いやmarieさん


あなたが一歩前に出るだけで
確率は何分の一にもなりますよ。





僕はいつまでも待ってますよ。
あなたに会える日を


すこし話し過ぎましたね。

そろそろいきますか・・・・・。

画像を使えないとダラダラ書きすぎていけないですね。(笑)



さあ、もうひとふん張り

道化師 『 稲菜 鰻 』



最後の名演技見ていてください。



c0036056_23134938.jpg

[PR]
by ina17ina | 2005-12-01 21:37